aidzu-chujyo.jpg

会津松平藩祖 保科公の官位を継ぐ酒

造り手の真心を酒にも伝える

会津の気候に合わせた酒造りはいつも真剣勝負です。伝統的製法を踏襲してきていますが、基本はまず酒の顔(つら)を見ること。酒(もろみ)は生き物ですから日々変化していく状態を見ながら仕込みをしていきます。

昭和五十二年に誕生した「会津中将」

 

 守り続けてきた手作り製法にこだわり、若い人にも飲んでもらうために、軽快で甘味があって香りがいい酒を造っていきたい・・・技と真心が融合する渾身のお酒です。